アビギャ君。 5月29日以降コロナ収束!予言が当たると噂のインドの少年、アビギャ・アナンド君

2020.12新ウイルスが世界を襲う!?アビギャ・アナンド君の予言に驚愕

5%で、リンパ球の減少は92. すりおろしたワサビを生魚に添えるのは、魚毒を意識したものであり、生魚は安易に子どもに食べさせてはいけないというのは、ワサビの作用も関係あります。 そして2021年3月20日(春分点)の配置は この時期にやっと地球は木星ー土星の会合、直列から外れて行くように見えます。 コロナウイルスのやばい予言で話題のインドの少年 今、世界中で話題になっているインドの14歳の少年。 それから計10人の感染が報告されているそうだ。 2019年11月からウィルスによるパンデミックが発生する• 5月末から収束していく、というのも確かに今までの流れを見ているとそれっぽいです。 2020. 未来は可能性である• lio6090. ソース: -転載ここから- インド人14歳少年の預言が的中して世界で話題 その子の名前はアビギャ・アナンド君(14歳。

Next

コロナ予言インド人14歳アビギャ・アナンド君の動画から考えたこと【ヨガ・シャラ細江たかゆき氏】|パソコンひとつ1日10分でママは兼業投資家

共同体とは、小さい順から並べると、家族、地域社会、国家、そして、全世界までを指すことになります。 経済から航空サービス分野まで世界はさまざまな困難に直面する。 マウスは非常に調子が良さそうで、しかも非常にかわいらしい」と、結果についてブレナー所長は話した。 5月の新緑の森を散歩しながら、手のひらや腕に陽光を浴びて、ビタミンDを生成すること。 数か月後その予言が現実のものとなり的中するや否や動画は瞬く間に広まり、米オンライン紙「International Business Times」で取り上げられ、再生数は679万回にも及んだ。 2019年8月22日、YouTubeで投稿された「2019年11月から2020年4月に世界が直面する危機」というタイトルの動画がいま話題を呼んでいる。 アビギャ・アナンド君の預言は恐ろしい内容ではありますが、覚醒によって乗り越えられるとのヒントも教えてくれているので、覚醒を起こすべく自分なりの準備をしておこうと思いました。

Next

インド アビギャ.アナンド予言

28 アジアと欧米の感染率の違い。 ワタスも去年からパンデミック来る来ると騒いでたのですが。 偉大な力とは、意思を具現化する力であり、それは宇宙創造主の力でもある。 ワタスは間違ってなかった。 マウスを使った実験は、遠紫外線C波に「人への使用を想定した強度の20倍の強さで1日に8時間、週に5日間」暴露させるもので、現時点で開始から40週が経過した。

Next

インド アビギャ.アナンド予言

どちらかというと、僕は予言は信じないタイプなんですよね。 劉伯温は、8月末に、とんでもないことが起きると予言している。 獨協大学医学部微生物学講座教授の増田道明氏は本書で、 「感染者を抑えてオーバーシュートを回避することと、感染者を増やして短期間での集団免疫を形成すること、人類は明らかに相反する課題に挑まなくてはならない」と語っている。 新種のウイルスの治療薬は? そのウイルスに対して、いかなる予防措置も効果がなく、当然、治療薬もないということで、そのスーパーバグに対応する薬剤は全くないということになります。 「どのみちこれから夏ですから。 このアナンド君によると、年末辺りから第二波が来る。 そのためにも、できる限りこれから起きると予測されることをまとめておくといいかも知れません。

Next

コロナ予言を的中させたインドの少年、アビギャ・アナンド君

チームは、予備段階の研究結果を英科学誌ネイチャー(Nature)にすでに投稿している。 世界同時多発的に起きる• ワクチンの予防接種では、ウイルスの遺伝子情報を体内に注入する「DNAワクチン」がアメリカやドイツで進んでおり、日本も追いかけているという。 それは、 ・9月のカレンダーで3回タップ ・11月のカレンダーでカレンダーが爆発? ・銀行の屋根が取り除かれお金が掃除機に吸い上げられる? ・ワシントンDCが燃える? ・国連の青いヘルメットをした中国兵とロシア兵? ・カではで現金を使うことができない? 日本語米国牧師の預言夢。  今回は縄文時代よりも昔に日本で栄えた文明「カタカムナ」について話します。 そして、これから先の未来についても。 彼は占星術師で地元では神童と呼ばれているとか。

Next

2020.12新ウイルスが世界を襲う!?アビギャ・アナンド君の予言に驚愕

同様に、保険医療当局を含む政府機関や各省庁も、対応能力が著しくそこなわれる恐れがある……>(山田美明、荒川邦子訳) 第2波の恐ろしさを事前に知っておくこと、それがわれわれの命を守るために必要な「武器」となるだろう。 2020年12月の感染拡大の状況についても詳細に結果が出ているようで、 世界で同時多発的に発生する。 研究グループは欧州20カ国の平均ビタミン値をCOVID-19による死亡統計と比較した。 。 2020年12月20日から新種のウィルスが多数出現する•。 コロナ予言の内容は何に基づいて発信しているのか? アマンド君の予言は5000年以上の伝統を持つ古代ヨーガの聖典「ヴェーダ」の教えに基づく占星術のようです。 次に2021年2月20日 2021年2月20には、地球ー太陽ー金星ー木星ー土星が直列しているように見えますが、視野角が広いので、まあ割とその範囲には配列している、程度でいいと思います。

Next

コロナ予言を的中させたインドの少年、アビギャ・アナンド君

ただ、残りの検証段階をすべて通過して初めてその正当性が科学界でも認められることになる。 なんと、有機野菜を食べることだそうですた。 『2019年11月から2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画で、次の事を予言しました。 。 ラットHEVのヒトへの感染が最初に確認されたのは、同じく香港で2018年のことである。 コロナを完全に予測したその少年の名前はアビギャ・アナンド君。

Next

5月29日以降コロナ収束!予言が当たると噂のインドの少年、アビギャ・アナンド君

これは疫病だけではなく、地球滅亡も同様に回避できる鍵になっているはずです。 ミカン(陳皮) 温州みかんの皮を乾燥させたものとして三国志の時代から重宝されました。 その内容は、 「2019年末からウイルスパンデミックが発生し、3月29日から4月2日かけて状況が悪化していき、5月29日に収束する」 というものだった。 ウイルスが蔓延する理由は天象の変化による必然的な結果であり、人間の共業によるもの。 そして、さらに驚いたのは 「ウコン」 のこと。

Next