ダイヤ アテン。 列界の化身にド適正!ダイヤアテンが超強い!新ダンジョンで使ってみた!【スー☆パズドラ】

【パズドラ】ダイヤのテンプレ(アテン/イデアル)パーティ|相方とサブ候補

他の策としてはダイヤとアシストを入れ替える、もしくはアスをスキルマにしないなどがある B14 アースバロンはスキル温存でもいいし、使うなら覚醒無効の時点でおでドラか、吸収無効が不要だった場合の大ガマ。 しかし、アテンのスキルで落ちコンをなくすことで、水ドロップを消さずにパズル! 無事倒しきることが出来ました。 基本的な立ち回りとしては、5ターン目までに倒し切るのが良い。 盤面に残っている場合は1ターン目に消す 盤面に毒ドロップが残っている場合は、 1ターン目に必ず全部消そう。 潜在覚醒枠開放も可能なキャラではありますが、現状は必要ないかなという感じです。

Next

【パズドラ】ダイヤのテンプレパーティ(ダイヤパ)|ゲームエイト

ダイヤの初手変身に欠かせない装備なので必須です。 いずれにしても火属性バインドは飛んでくるので、2手目はリダチェンしてしまうかor列回復となる。 5倍)、最大9倍(残りドロップ0個時)。 instagram. コンボ強化4個持ちの超アタッカー。 またやるときに思い出すのが面倒だから、記憶が新しいうちに書いておくのがいちばん。 超覚醒はなしなので割愛。

Next

【パズドラ】列界の化身攻略【ダイヤ×アテン】

神タイプの全パラメータが2倍。 お邪魔4つという唯一の個性が綺麗にハマりました。 自信の手持ちにあった方法を選びましょう。 5ターン目までに倒し切りたい オデドラは5ターン後に99ターンの覚醒無効を使用する。 サブも本家のガチャで入手できるキャラのみに抑え、毒と暗闇耐性も100%になっているのがポイントです。 ダイヤのテンプレを組むポイント スキルブーストの確保が最優先 とにかく変身しないと始まらないので、どうにかして18ターンを稼がなくてはなりません。

Next

【パズドラ】ダイヤパーティーのテンプレサブ|神器龍

ドロップの5個L字消しでダメージを半減、攻撃力が4倍。 しかし、封印耐性が1つ足りないのが欠点なので、アシスト装備などで対策しましょう。 しかし、スキルの無効貫通は覚醒スキルと違って火力は上がらないため、コンボ強化など高い火力を出せるモンスターを多く編成しましょう。 正直無くても良かった気もします。 アシストは前述の通り小野田坂道装備。

Next

【パズドラ】列界の化身攻略【ダイヤ×アテン】

B1で闇カリ消費の場合はココのバインドに備えて回復温存 B3 ナロは急ぐならも可 赤緑おでんのバインドを嫌うならやめておく。 それ以外はor闇カリ。 今回しげしげが使うのはダイヤ! 変身後は全パラ倍率と固定追撃をもった、強力な多色リーダーです。 しかしどちらかと言えば2手目の割合をキャンセルしたいので、ハロバスで誘う。 スキルの2ターンヘイストと合わせて、 実質スキブ6になってくれます。 ダイヤパのおすすめサブ 陣・ドロップ変換枠 転生アリエル サポート枠. 持っているならバレンタインの方が楽だったかな、とも思います。 ドロップ操作を3秒延長。

Next

【パズドラ】列界の化身攻略【ダイヤ×アテン】

前述の通り、カンナのヘイストで強引に溜めて更なるヘイストに繋ぎます。 月曜日から開催中の新イベント「」。 【落ちコンなし】5色(4色+回復)以上同時攻撃で3コンボ加算。 以上です。 潜在覚醒は遅延4つ、悪魔キラーが1つ。 実際、元が8ターンなので適度に遅延を受けたいことを考えると、 このバランスは非常に良いものだと思います。 攻略のMVPです。

Next

【パズドラ】ダイヤのテンプレパーティ(ダイヤパ)|ゲームエイト

入手できた方はぜひ使ってみてくださいね! 激闘の様子はこちら!. とはいえ、大量のキラーと7&10コンボ強化による超火力と、 軽いスキルのおかげで吸収無効をアシストできるという長所もあります。 ついでにダイヤも空打ちするならこの辺 B10 ツヴァイハンダーが火吸収のときは無理しない。 7コンボ強化2つ、10コンボ強化とガードブレイクも合わさって、 このパーティではアテンと一緒に火力役を2体でこなしきってくれました。 覚醒バッジも含めて、一つのパーティとして完成させよう。 それでは今回はこの辺りで。 ドロップ操作を2秒延長。

Next

ニムエ降臨 アテン ダイヤ

B7のが毒ドロップが盤面にあると発狂するので、 B6のの毒目覚めの書き換えのためにスキルを使います。 フレンドはが良い。 スキブが多いモンスターを集めた、初ターンから変身可能な編成になっています。 このヘイストでダイヤの変身が可能になります。 リベルタス 色埋め、スキル目当てでの採用です。 7コンボ止めして削るのは怖いが、それしか手が残されてなければ仕方ない 立ち回りを書く都合上、危険な場面を連ねてしまったが、それ以上に快適さが上回っていると思う。

Next