三菱 ek クロス スペース。 【三菱新型eKスペース】139万円から!3月19日フルモデルチェンジ発売!最新情報、eKクロススペース、燃費、価格は?

【三菱 eKクロススペース/eKスペース 新型まとめ】ハイトワゴンに“三菱らしさ”を追加…価格やデザイン、試乗記

4代目eKワゴンは先代に引き続き、日産自動車が販売するが姉妹車として存在するが、「eKクロス」は三菱自動車の専売車種となっている(逆にデイズハイウェイスター相当のエアログレードは4代目eKには設定されない)。 開発にあたり、三菱自動車との合弁会社がマネジメントを行い、三菱自動車が生産する点は先代eKワゴンと同様だが、三菱自動車主導で開発された先代と異なり、商品企画・車両開発を日産自動車主導で行うなど、新たな開発・により誕生した。 特に驚きなのが、 100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。 そこで新型を出すにあたってとった戦法は、個性を強めること。 その他、新型eKスペースでは予防安全技術「三菱e-Assist」を標準装備し、全車「サポカーSワイド」に該当。

Next

eKクロススペース(三菱)の中古車

>> 後席に大切な家族を乗せるから・・・気になる乗り心地は!? 後席に大切な家族を乗せることも多いクルマだから、乗り心地もしっかり確認したい。 なので、中古車選びのポイントは、 車のカラー及び メーカーオプションは妥協しないようにしましょう。 認知されたダイナミックシールド 「ダイナミックシールド」というデザインコンセプトは、三菱にとって貴重な武器となった。 さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。 eKスペース/eKクロス スペースは日産と三菱との合弁会社NMKVが開発したモデルで、日産からは「ルークス」が発売されている。 ノーマルモデルと同じ価格帯でカスタムモデルを購入できるなら、もはや迷い様がない気さえします。

Next

【三菱 eKクロススペース/eKスペース 新型まとめ】ハイトワゴンに“三菱らしさ”を追加…価格やデザイン、試乗記

オートブレーキホールド• コーラルピンクマイカ• 前方については誤発進抑制機能についても歩行者検知を可能にした。 そして走りのよさと、ほかをリードする先進運転支援技術だ。 0に対応した装備ではないでしょう。 サイドカメラ• また、日本国内では三菱自動車初となる「ヒルディセントコントロール」も搭載され、急な下り坂や滑りやすい路面を下る際、電子制御により低車速に抑えて安心して走行することが可能に。 1は新型「ルークス」であるといえるのではないでしょうか。

Next

三菱 新型eK スペース/eK クロス スペース 新型車徹底解説 Vol.2|動力性能&先進安全機能・運転支援技術編

街中から郊外路、そして高速道まで全域で扱いやすい660ccターボエンジン 一方ターボのeKクロススペース Tでは、動力性能が大幅に向上する。 。 上手にやったな……と感心させられる。 張りのあるフロントバンパー• ・エンジン・といった主要コンポーネントは新開発され、三菱自動車としては初採用となる「高速道路同一車線運転支援技術」を導入するなど、同社の軽自動車づくりのと、日産自動車の先進技術()を融合させたモデルとなっている。 100万円~150万円• 具体的に以下の点で優れています。

Next

超人気のN

2台前を走る車両を検知し注意を喚起(インテリジェント FCW[前方衝突予測警報])• ちなみに指定空気圧は、転がり抵抗を抑えるために前後輪とも240kPaと高めの設定とした点も、乗り心地の硬さに影響を与えている。 プレスリリース , 三菱自動車工業株式会社, 2019年12月20日 , 2019年12月20日閲覧。 前モデルはターボエンジンのほうが燃費値に優れる22. 0車載器(4万0656円)/ビルトインUSBポート(1万0230円)/ドライブレコーダー(4万0392円)/三角表示板(3300円) テスト車の年式:2020年型 テスト開始時の走行距離:2833km テスト形態:ロードインプレッション 走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1) テスト距離:284. A車、B車はいいのだが、もう1台はP車と表記されていた。 3列シート• 全周囲カメラ カーナビ• 比較対象は軽自動車ではなく、欧州車3台。 サイドスポイラー:ACTIVE GEAR専用デカール• エンジンの出力制御やブレーキをかけて衝突を回避または衝突被害を軽減可能に。 カスタム T e-Assist FF:1,805,760円、4WD:1,912,680円• 操作感のよさが欧州P車に迫るとされるシフトパドルは「T」のみに備わる。 2019年12月25日 特別仕様車「T Plus Edition」を発売。

Next

三菱 新型eK スペース/eK クロス スペース 新型車徹底解説 Vol.2|動力性能&先進安全機能・運転支援技術編

25万円以下• たくさんの荷物で両手がふさがっていても、キックセンサーでドアを開閉できるようになっています。 前置きが長くなったが、つまり三菱が目指したのは冒頭にあるとおり誰もが欲しくなるスーパーハイトワゴンであり、ブランド力ではなくスペックを比較した際に決して見劣りしないクルマを目指したということである。 車内全体の質も高い。 SDナビ TV• ギラギラ系カスタムから決別、その理由とは[デザイナーインタビュー] 画像• ディーラー車• 後席用のサーキュレーターは従来よりも出っ張りが小さくなり、ナノイーからプラズマクラスターになった。 M e-Assist FF:1,317,600円、4WD:1,424,520円• 昨今の軽ハイトワゴン市場は、ホンダ「N-BOX」が圧倒的に売れていて揺るがない。 comマガジン編集部/三菱自動車). まとめ 今回は、新型日産「ルークス」と新型三菱「eKスペース eKクロス スペース 」の違い、新型「ルークス」がおすすめな理由をご紹介しました。 クールシルバーメタリック• 新型「ルークス」も新型「eKスペース eKクロス スペース 」も日産と三菱の合弁会社NMKVが開発し、三菱自動車が生産しています。

Next

新型「三菱eKスペース/eKクロス スペース」登場! ところで最強のライバルに勝てるんですか?

ルームミラーにカメラ映像を映し出せるデジタルルームミラーは、マルチアラウンドモニターとともに「先進安全パッケージ」としてオプション設定されている タイヤ&ホイールは15インチが標準。 運転支援機能のマイパイロット 日産では「プロパイロット」 を含めて、eKスペースは、エンジンや装備の選択肢がルークスよりも豊富だ。 また、プレミアムインテリアパッケージをメーカーオプションとして設定(「M」を除く)。 約280kmを走行した今回の試乗における燃費は満タン法で14. もエンジンと同様に新開発。 三菱 新型「eKスペース」のインパネ。

Next

新型「三菱eKクロス スペース」より「日産ルークス」がおすすめな理由、2車の違い

USB入力端子• カスタム T Safety Package FF:1,870,560円、4WD:1,977,480円• 2019年12月6日 4代目eKワゴンや日産・デイズ(2代目)と共に2019-2020「スモールモビリティ部門賞」を受賞。 7 PS 、最大トルク:40 N・m 4. アダプティブクルーズコントロール• ニーエアバッグ• 両車とも全高が1700mmを超える軽自動車だ。 左右ヘッドランプ間にメッキモール• 内装はeKクロス同様ブラック基調となるものの、シート生地はキルティングパターンを採用。 加えて新型eKスペースでは、ステアリングの操舵力とショックアブソーバーの減衰力を最適化することで、低速時はキビキビと軽快な、高速時はしっかりと安定したハンドリング性能が実現されています。 ただし、この点についてはライバルたちも似たようなもので、このジャンルのクルマにとってはこれからの課題になる。 車重:940kg• グリルが上下に拡大したことで、ちょっと間延びしていると感じられるかもしれない。

Next