シャノン 限界 と は。 シャノンの功績 : 大学教員のつぶやき

NTT技術ジャーナル(2019 Vol.31 NO.9)

本技術により任意の通信路でシャノン限界を達成する通信路符号を構成できることを証明しました。 ナイキスト・レート [ ] 1927年、ナイキストは、電報の通信路に単位時間当たりに送り込めるパルス数がの2倍に制限されていることを示した。 この他に、1962年にマサチューセッツ工科大学の学生ロバート・ギャラガーにより考えられていた低密度パリティ検査符号という理論も、同じくシャノン限界に限りなく近いと考えられています。 ハートレーの成果を発展させ、シャノンがに発表したは、ノイズの影響下での方法の効率の最大値を示した。 (), "The coding of messages subject to chance errors", Illinois J. 例えば、縦軸の誤り確率10 -4で両者を比較したとき、提案法は符号化レートで0. ターボ符号は送信機の出力を上げずにデータレートを上げることができ、逆に言えばあるデータレートでの消費電力を低減できる。 このため一箇所でも復号誤りが起こればファイルが破壊され、画像の大部分は再生不可能となります。

Next

NTTが「6G」向け通信技術を開発、5G超え「シャノン限界」まで高速化

実際の通信は復号誤りがないことを想定して画像を圧縮したうえで符号化しています。 (3)シャノン限界 はシャノン限界(通信路容量)を説明しています。 シャノンはその速度を「チャネル容量」と呼んでいましたが、今日ではシャノン限界と呼ばれることが多く、以下の簡略化された式で表されます。 ちなみにこの式、1948年の論文で発表されました。 (), , , 2003. 5 dB となる。 送信信号数を増大させることにより,上記の通信効率がシャノン限界に近づく符号を設計します。 さらに符号器と復号器に現れる写像 f A,B , g A (の赤枠の部分)として、後述の「拘束条件を満たす乱数生成器」を用いて最適な通信路入力分布 P を実現することにより、シャノン限界を達成することができるようになりました。

Next

NTTが「6G」向け通信技術を開発、5G超え「シャノン限界」まで高速化

Robert Gallager. 本技術により既存の方法よりも効率の良い通信が実現できます。 シャノン限界を超えた効率を持つ符号を設計することは理論上不可能であり、もしもこの限界を達成する方法が実現できれば、理論的にはこれ以上の性能向上が見込めないことになります。 1文字で構成され、各アルファベットは5ビットで表すことができます。 この通信システムでは、復号誤り確率が0に限りなく近いような符号化・復号化で、可能な限り大きな符号化レートを実現することをめざします。 これを送信機の台数分行います。 通信路符号化と通信路容量の理論 [ ] 詳細は「」を参照 のは第二次世界大戦中に構築され、ノイズのある通信路上で確実に通信できる情報量を把握するための大きな進歩となった。 初代の802. 主な欠点は、復号処理が複雑でレイテンシが比較的大きい点であり、このため低レイテンシが重視される用途には向かない。

Next

シャノン限界から考える無線LAN高速化のアプローチ

続くでは、通信効率を固定して両者を比較したものを可視化しています。 シャノン限界を超えた効率を持つ符号を設計することは理論上不可能であり、もしもこの限界を達成する方法が実現できれば、理論的にはこれ以上の性能向上が見込めないことになります。 信号強度Sを-50dBm そこそこの通信環境ならば、これくらいじゃないでしょうか? ガードインターバル時間の縮小 現実の無線通信だと、直接来た電波に加えて、壁等に反射したのち到達する電波 反射波 が存在します。 禁域幅という単位ヘルツで表わされる周波数の範囲、禁域幅上の電力量、禁域幅上のノイズ量といった要素から計算できます。 また最適な符号を用いた時の通信効率であるシャノン限界は0. 図2 — 最大チャンネル容量にどれほど近づけることができるかには、財政上の課題もあります。

Next

シャノン=ハートレーの定理

なお、シャノン限界を達成するためには、通信路入力分布Pを最適化する必要があります。 概要 [ ] 1948年にによって定式化されたこの定理は、の可能な最大効率と雑音干渉およびデータ破損のレベルを記述している。 そのあたりどなたかわかりますか。 実際、次期の11axでは、無線が混みあった環境でも安定通信できることを第一目標として掲げています。 では、11nから導入されました。 13-18, 2018年1月. 1850年代には、最初は英仏海峡を横断して電信のトラフィックを運ぶ最初の海底ケーブルが敷設され、イギリスと西ヨーロッパの間を結んでいました。 グラフの横軸は符号化レートを示しており、右にあるほど性能が良いことになります。

Next

NTT,シャノン限界を達成する通信路符号を実現

シャノン限界は1948年,32歳だったClaude E. 提案法では、2つの疎行列 成分のほとんどが0の行列 A、 Bとベクトル cを用いて構成しています。 本稿では、通信効率の限界 シャノン限界 を達成する実行可能な符号化技術CoCoNuTSを用いて構成した通信路符号 誤り訂正符号 を紹介します。 これを実現する技術は「通信路符号」あるいは「誤り訂正符号」と呼ばれており、光通信や無線通信に限らず、計算機の内部やハードディスク・光ディスク等の記録装置、スマートフォン等で情報を読み取るための二次元コード等に応用されています。 それは、搬送波を変調したときの、帯域に相当する。 変換された信号は電波に変換 変調 されて送信されますが、電波を送受信して通信路に出力 Yを得る際に雑音が混入することを想定します。 今回は、本技術を通信路符号へ応用することにより、それがシャノン限界を達成できることを数学的に証明しました。

Next