プレリュード 中古。 プレリュード(ホンダ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

ホンダ プレリュード 価格・車種カタログ情報

プレリュードが復活して、6代目が登場すれば内外装はよりスタイリッシュとなり室内装備のデジタル化が進み、現代的なデートシーンもサポートします。 山梨県 0件• 1996. 山口 0• 高知 0• 2LでSOHC/DOHCを基本に、DOHCは標準/VTEC/高圧縮比VTECの3タイプを使い分ける。 そのため、6代目プレリュードの販売価格は、86を意識した価格帯になります。 青森県 0件• 新潟 0• 全国のプレリュード• ETC2. マツダ 0• フォルクスワーゲン 0• 家電 0• 長崎 0• 宮崎県 0件• 横滑り防止装置• シートヒーター• 0L直列4気筒で、サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーンと採用しスポーツカーとして十分すぎるほどに魅力的でした。 新潟県 0件• 4 カテゴリ :• オートクルーズコントロール• 日産 0• プレリュードの歴代モデルの特徴や歴史を紹介 ホンダの一時代を支えたスペシャリティクーペであるプレリュードの歴代モデルの歴史やデートカーとして定着していくまでの流れを紹介します 初代プレリュードはボディ剛性が高く大型サンルーフも話題になった ホンダのスペシャリティクーペ・プレリュードの歴史は1978年に初代モデル発売されてから始まります。 岡山 0• フルフラットシート• 高知 0• ドライブレコーダー• アダプティブクルーズコントロール• サスペンションは前後ともにダブルウイッシュボーン。

Next

ホンダ プレリュード 中古車車検索

秋田 0• 岡山 0• 山口県 0件• 全国以外の都道府県から探す :• 鳥取 0• エンジンはすべて2. 滋賀県 0件• USB入力端子• オットマン• 高知 0• ミニ 0• 2代目のプレリュードからはデートに誘える車として定着していきました「俺、プレリュードに乗っているんだけどドライブ行かない?」「えっ本当!乗ってみたかったんだ。 。 京都 0• シートヒーター• 富山 0• スポーツ 0• 新型プレリュードのエクステリアの魅力を予想します 新型プレリュード予想レンダリング画像 新型プレリュードの予想レンダリング画像から推測すれば6代目のエクステリアは、新型NSXのようなジュエルアイのLEDヘッドライト、地面に近い低設計でロングサイズが魅力的なフロントノーズ、スピード感あふれるプレスライン、空力構造に優れたグラマラスビューティーなリアフェンダー、フロントからリアまで流れるような美しきボディラインが印象的です。 5 m 5. 佐賀 0• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• エアサスペンション• 福井県 0件• 7 m 5. パソコン 0• ホンダらしく走りの部分も十二分に考慮された性格付けがなされている。 秋田 0• 京都 0• アイドリングストップ• フルエアロ• 山梨 0• 4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションに加えて4WSや旋回力最適化新システムATTSを搭載しさらに安定性を強化。 滋賀 0• 5 m 5. Wエアコン• ハーフレザーシート• 大分県 0件• 茨城県 0件• しかし、プレリュードが人気となったのは、当時の若者たちの多くが購入できる価格設定であった事も理由の一つです。

Next

プレリュード(ホンダ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

愛知県 0件• ブルーレイ再生• 最上級グレードXXではデジタルメーターを採用。 圧倒的性能やデザインの魅力からデートカーとしてのニーズはあったものの、 バブル景気の崩壊とともに、実用的な車の購買意欲が高まるとともに販売台数が低下していきました。 キーレス• 鳥取 0• 山形 0• Bluetooth接続• エアコン• 和歌山 0• 徳島 0• HID(キセノンライト)• 大分 0• 和歌山 0• Si 特別仕様車 スポーツステージ (0件)• エンジンはすべて2. 青森 0• 富山 0• 具体的な数字として意識するのは、最高出力の240kW超えです。 沖縄県 0件• 全国のプレリュード• スポーツステージ バージョンR (0件)• 自動駐車システム• フロントカメラ• 和歌山 0• 車体のデザインは2代目モデルからのキープコンセプトになります。 岡山県 0件• 全周囲カメラ• ダウンヒルアシストコントロール• 後席モニター• 岐阜県 0件• パークアシスト• オートライト• 5代目は4代目と比較すれば、室内スペースが拡充され、エクステリアがよりスタイリッシュとなりました。 大分 0• 富山県 0件• スポーツステージ バージョンG (0件)• ミュージックプレイヤー接続可• プレリュードのアイデンティティともいえるサンルーフは、全車にオプションで用意される。

Next

プレリュード(ホンダ)の中古車

ベンツ(メルセデス) 0• 画期的だったのは、助手席のリクライニングノブが運転席側のシート側面にも設置されていたことです。 Si 特別仕様車プライベートステージ (0件)• 電動リアゲート• ボルボ(Volvo) 0• ETC• サンルーフ• HDDナビ• 島根 0• ディーラー車• 熊本 0• 4WD• 佐賀 0• 三重 0• エンジンはもっともスポーティな「タイプS」と「SiR Sスペック」に220馬力DOHC、「SiR」が200馬力のH22A型2. 石川 0• 静岡 0• 初代モデルは、電動サンルーフ、Sマチック、ABSなど、当時の最新装備やテクノロジーを備えた自動車でした。 岡山 0• 100V電源 自動運転• 奈良県 0件• 福井 0• 0L自然吸気エンジンにモーターを組み合わせた仕様となると予想します。 愛媛県 0件• ランフラットタイヤ• そのため、新型プレリュードでは300万円をきるような価格設定のモデル車のラインナップも望まれます。 7 m 4. 自転車 0• スバル 0• 福井 0• 駆動方式はFFのみでミッションは5MT/、4AT。 オートマチックハイビーム• 熊本 0• 富山 0• 静岡 0• しかし噂を情報源としても、復活を期待する声がどんどんと増えていけば、その実現性は高まります! プレリュードは日本全国の多くのデートシーンに使われ、数々の恋を実らせてきた車です。

Next

【みつかる!29台】プレリュード(ホンダ)

S リミテッド (0件)• Xi (0件)• プレリュード復活は2020年以降となる 2017年の東京モーターショーにて、新型プレリュードのコンセプトカーの出展が期待されていましたが、出展は翌年以降に持ち越されます。 XR (0件)• サイドエアバッグ• 熊本県 0件• 長崎 0• TV ワンセグ• 富山 0• 1996. ミュージックサーバー• 2L直列4気筒DOHCとH22A型2. ハイブリッド• 和歌山 0• 福井 0• そのため、当時はデートカーとして人気が高かった2ドアクーペ プレリュード復活の信憑性も高いと言えます。 大分 0• 鹿児島県 0件• 全国以外の都道府県から探す :• 長崎 0• DVDナビ• 電動格納サードシート 外装• トヨタ 0• 新型プレリュードでは、現行モデルの86よりも高性能エンジン等を搭載するので、価格面での上昇が見込まれるため、400万前後の価格設定になるとの予想もあります。 パワーステアリング• 登録済未使用車• ルーフレール• バブル時代のデートカーの代表的存在だったプレリュードが2020年頃に復活 東京モーターショー2017でホンダの一時代を築いたプレリュードの復活を後押しするようなコンセプトカーの登場があるとの噂がありましたが、噂のままで終わってしまいました。 レーンアシスト• 愛媛 0• クリーンディーゼル 内装• 助手席エアバッグ• 三菱 0• 高知県 0件• センターデフロック• 盗難防止装置• フロントカメラ• シビック タイプR エンジンスペック エンジン型式 K20C エンジン種類 水冷直列4気筒横置 弁機構 DOHC チェーン駆動 吸気2 排気2 総排気量 1. 4代目のエンジンは、北米仕様のアコードと同じ、F22B型2. 革シート• 高知 0• 福井 0• 5 m 5. 今後明らかになるプレリュード復活までのストーリーも随時紹介していきます。 安全装備は前席エアバッグとABSが標準装備される。 バス 価格帯• 京都府 0件• ホンダはF1に復帰する、26年ぶりにNSXのフルモデルチェンジを行う等、スポーツカーブラントとしての勢いを取り戻しつつあります。

Next

プレリュード復活!ホンダの代表的デートカーが2020年に新登場

メモリーナビ• 長崎県 0件• LEDヘッドランプ• その際には、2. アルファロメオ 0• 鳥取 0• スズキ 0• 横滑り防止装置• 岡山 0• ボディ剛性を大幅に高めるなど基礎から走行性能のレベルアップを図った。 秋田 0• アイドリングストップ• 福島県 0件• 基本装備• プレステージ ブラック (0件)• 都道府県 :• パワーシート• 3代目プレリュードは、その性能の良さやバルブ景気も相まってデートカーとして売れに売れ、歴代モデルの中では最も売れて64万台もの販売実績を誇ります。 徳島 0• クリアランスソナー• TV フルセグ• 島根 0• 全国のプレリュード• 石川 0• 山梨 0• 新型プレリュードはスーパーカーNSXの洗練されたロングボンネット等のデザインを取り入れながらも、 フロントガラス~ルーフ~リヤガラスが連なるような開放的なオリジナリティーでプレリュードらしさも表現しています。 。 。 。

Next