ムーン ショット 計画 内閣 府。 ムーンショット型研究開発制度

日本政府のオカルト政策「ムーンショット制度」がコロナの裏でガチ進行!2050年までに人を体、脳、時空から解放…

その際のマネジメントの方法についても、進化する世界の研究開発動向を常に意識しながら、関係する研究開発全体を俯瞰して体制や内容を柔軟に見直すことができる形に刷新するとともに、最先端の研究支援システムを構築すること。 この辺りは国連の持続可能な開発目標であるSDGsに則っているとみていいでしょう。 カバールは、地球は自分たちのものだと思っているので、とっとと、人口削減をしたいのですが、しかし、日本人は、新型コロナウイルス垂れ流しても、思うように死んでくれないので、カバールは慌ててると思います。 2030年までに、望む人は誰でも特定のタスクに対して、身体的能力、認知能力及び知覚能力を強化できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しい生活様式を提案する。 もう実は、脳みそとネット直結技術はかなり進んでる。 しかし、結婚制度が廃止されているだけでなく、不妊処置を施されるので、子どもを授かることは許されません。 ただ、将来花開く研究をあらかじめ見きわめることなどできるのか。

Next

このタイミングで政府が発表した【ムーンショット計画】これはSF映画ではない!

「十人十色」ってやつです。 AI搭載のロボットが進化し、ドラえもんの世界が現実になる! 世界から尊敬・信頼される科学技術立国日本の復活を目指すというわけですが、具体的にどのような未来を目指しているのでしょうか。 これから起こること知るためになにが必要か? 当事者にインタビューするのが最もいい手法ですが、そんなの難しすぎると思います。 引用: p. こうしてくると、新型コロナウイルスでの後手後手の安倍政権の動きも理解できてきます。 ですから、 その解釈も人の数だけ存在します。

Next

ムーンショット計画。内閣府が目指す「素晴らしい新世界」

。 PDF (134KB)• 2019年12月18日 「ムーンショット型国際シンポジウム」盛況のうちに終了しました。 おかしな話ではありますが、VRが普及し、社会への定着度が高まれば高まるほど、映画のマトリックスのような世界に近づいていくと考えられます。 公募に関する詳細は、以下のページからご確認をお願いします。 型研究開発制度は落第である。

Next

なにこれ? ムーンショット計画=人類のロボット化計画 内閣府の計画

って、あんた。 さらに、研究開発マネジメントの方法においても、国内のみに閉じることなく世界中からトップ研究者の英知を結集し、様々なビジネス・アイデアとの融合を図りながら、グローバルかつスピードを重視したオープンイノベーション・プラットフォームづくりを目指す方向にある。 affrc. このメンバーで果たして本当に実現可能なのでしょうか。 そのために、脳内にマイクロチップを入れ、自身の意識をクラウド上にアップロードし、そのデジタル人格を、機械にインストールさせようというのです。 1000億円超の予算が計上されているという。

Next

ムーンショット型研究開発制度の基本的考え方について

このような出来事も、私たちを進歩させるために天使と悪魔との共同作業によってつくられた教材なのだと思います。 人間はAIと融合し、時空を超える超人になる! 関係府省が一体となって関係する研究開発を推進するための体制を整備すること(戦略協議会(仮称)の設置)• 他にも、海外旅行の疑似体験もVRで可能になるでしょう。 注目すべきは発見して誰が利権を得るかというところが一番の注目ポイントですね。 実は私はこの事を聞くのは、初めてではなく、 以前、ある風水の先生に、 SDGs(エズ・ディー・ジーズ)(持続可能な開発目標)の 運動に加わる言われたのですが、 私は悪魔崇拝の匂いを感じたので、丁寧にお断わりすると、 「あなたは信仰が足りないからわからないのだ」と、逆切れされたのですが、 それを機にまわりを見渡すと、この SDGsが、大企業だけでなく、田舎の小さな山寺まで汚染しているのを目にするようになりました。 トランスヒューマニズムと素晴らしい新世界 そう懸念するのはムーンショット計画で目指される未来が、欧米を中心に席巻する「トランスヒューマニズム」が目指す方向とほとんど同じだからです。 それがもう政府目標となってきているんです。

Next

NEDO:ムーンショット型研究開発事業

・2050年までに、複数の人が遠隔操作する多数のアバターとロボットを組み合わせることによって、大規模で複雑なタスクを実行するための技術を開発し、その運用等に必要な基盤を構築する。 さて、私たち神の子はどう生きたらよいのか? またUPします! それでは、今日もありがとうございました。 例えば、ネットショッピングにおいても、VR上の自分の等身大のアバターで服を試着することも可能なので、お買い物のためにわざわざ外に出かける必要がなくなります。 2030 年までに、 望む人は誰でも特定のタスクに対して、身体的能力、認知能力及び知覚能力を 強化できる技術を開発し、社会通念を踏まえた新しいを提案する。 例えば、仮想世界にいるときにお腹が減ったら、ログアウトすることなく、仮想世界から現実世界の自分に指示を与えることができ、身体を操作することで、ご飯も食べることができるということになります。

Next