アイポッド scp。 SCP

ボッズの記憶

[ ]• ファンからはと並んでマスコット的な扱いを受けている。 また1959がスペースシャトルや衛星などと接触、衝突を起こした場合は甚大な被害が発生することが懸念されています。 唯一視覚の刺激のみが必要のようです 確かめるため更なる研究が必要。 SCPwiki内にあるページ• Keter…基本3クラスの中で一番やばいクラスであり、SCP財団及び人類に対し敵対的な存在かつ完全に収容することが困難または不可能なものが該当します。 "Are We Cool Yet? 淫夢要素は基本ないです。

Next

できない子とSCP

:同じく、ヒトの理では計り知れない要素に満ちた創作ジャンル。 「放浪者の図書館」という全ての叡智を見ることができる異次元空間を本拠地にしているが、一度追放されてしまい1967年まで入ることができなかった模様。 しかしながら、オブジェクトクラスは収容が最も困難なことを示すketerに分類されています。 スタッフは無視して通常通りの作業を行いました。 特に前述の壊れた神の教会とは宿敵同士の関係にある。

Next

Safeクラスのおすすめ・SCP 5選【ざっくりと解説】

好奇心が強いが近くの危険を察知することもでき、懐いた人が危険 例 EuclidまたはKeterクラス に近づくと足元 または他の四肢 を回り、警告するように慌てた様子で話しかけてきます。 ホラーとは一味違った得体の知れない怖いSCPを紹介します。 となっている。 [ ]• この行動自体に悪意は無く、脅かすのが何より好きという特性によるものです。 SCP-571 - 自己喧伝性感染図形 SCP-572 - パッと見無敵のカタナ SCP-573 - ハーメルンの笛 SCP-574 - 墜落の施設 SCP-575 - 人食い闇 SCP-576 - 良い夢を SCP-577 - 弾丸猫 SCP-578 - ブラッド・オパール SCP-579 - [データ削除済] SCP-580 - 始皇帝の第五宇宙戦艦 SCP-581 - 騎手の魂 SCP-582 - たくさんの物語 SCP-583 - 死のビデオテープ SCP-584 - めっちゃくちゃ指多いよ! [ ]• 「やぁ、アベル。 現実改変を行使するオブジェクトや能力者のhm値が改変対象のそれに対して大きいほど、強力な改変が可能になる。 これはSCP-173の元ネタ『無題2004』の作者である加藤泉氏に対し、財団から利用の許可を求めた際、非営利に限り利用を認めると条件を提示されたためである。

Next

できない子とSCP

それに至った経緯と 財団とGOCが犯している過ちに重なる部分があり、財団を壊滅させるよりも体質の改善を願っている方が大きい様に思える。 まだその時ではないからだ。 SCPはものによっては宇宙そのものを消し飛ばすような代物もある為、一般市民に知られればパニックはさけられません。 各国からかき集めた死刑囚などが担当する。 アイポッドはSCP-173の収容室の入り口に先回りして、ジャンプしながら、中に入ることの危険性を訴えていた。 自己終了しか選択肢はないでしょう。

Next

できない子とSCP

勿論ガチ勢の方がやってきて俺氏の説明の指摘するのも大歓迎です。 [ ]• 創作陣の熱意の産物であり、その数は数千にも上る。 SCP-173は原初のSCPであると同時に営利目的でのSCP-173の画像の使用は一切認められないため、二次創作を行う場合などには注意が必要です。 財団とは方針の違いから多くの場合対立し、オブジェクトを奪い合うなど衝突を繰り返しているが、 「人類を守る」という究極的な目標では意見が一致するため、状況によっては手を組む場合もある。 作成には制限がある。 SCP-131-AとSCP-131-B アイテム番号: SCP-131 オブジェクトクラス: Safe 特別収容プロトコル: SCP-131-AとSCP-131-Bには特別に収容されていません。 [ ]• SCP財団はこれらのオブジェクトも収容できるようにすることを目標としているが、最後の手段として破壊されることもある。

Next

SCP財団

財団で眠り続けているSCP-239「小さな魔女」 見た目は8歳程度の少女であるSSCP-239。 [ ]• オブジェクトクラスはketerに該当します。 その為放っておくと消えてしまい、オブジェクトの消失は財団の理念に反する為に収容されました。 [ ]• その為放っておくと消えてしまい、オブジェクトの消失は財団の理念に反する為に収容されました。 説明: SCP-131-AとSCP-131-B 職員から親しみを込めて"アイポッド"と呼ばれている はおよそ30cm 1ft の高さで真ん中に青い目を持つ一対の涙型の生き物です。

Next