帝王 の 娘 スベクヒャン あらすじ 51 話。 韓国ドラマ

『帝王の娘スベクヒャン』51話あらすじ&感想

それだけではなく、このままではソルランの安否が心配です。 来たのはクチョンだった。 姉さんがいなくても私がみんなを喜ばせることができるから、姉さんは百済を出ていってと頼む。 ------------ ソルラン・・・上手く詫びられて良かったわね。 チンム公は王様を抱きかかえ、手を握る。 どうすれば嘘がバレないかを考え始めます。 --------- 二人で王様の元へ行ったが、王はソルヒ(スベクヒャン)に会おうとしなかった。

Next

帝王の娘スベクヒャン:43話〜45話あらすじ

ソルランが向かったさきは、ソルヒの部屋です。 ソルランにはその事実が辛すぎた。 探し出して王族に迎え、一生安泰に暮らさせよ。 275• 私たちは同じ日の同じ時間に死ぬ。 チンム公に会えると、いそいそとソルヒ(スベクヒャン)はやってきたが、 ソルランの姿が見えて愕然とし、部屋へ戻っていった。 そして、ヘチャピヨンを重臣としていた王様の立場も危うくなる。

Next

帝王の娘スベクヒャン:73話〜75話あらすじ

将徳はソルランの気持ちをミョンノンに伝える。 そして、反逆者であるペク・カの財産は没収されたことがわかった。 どうしても志願しなければならなかった理由があるはずだと。 その方向へミョンノンは行き、建物の鍵を壊して中へ入ると ソルランは倒れていた。 チンム公・・・太子さまに頼んでは? --------------- ミョンノン・・・どうしたのだ? ソルラン・・・王女様に会わせて頂きたいのです。

Next

帝王の娘スベクヒャン あらすじ 第51話〜第60話: 韓流ドラマ あらすじ|韓国ドラマ放送速報(*´艸`*)

王・・・皆の者は下がれ。 126• ミョンノンの気持ちを知っている王様はひどく驚き、ソルランを呼び出す。 そしてその書状をてにしていたのです。 ソルヒがこんな行動をとってしまったせいで、 ユンは国の王としての立場は台無しに。 やがて、ソルランが追うとスベクヒャンに拝謁するときがきました・・。

Next

帝王の娘スベクヒャン:49話〜51話あらすじ

百済から送った刺客の正体を教えて王の命を救うチャンスを差し上げます。 ------------- 狩りに来たチンム公。 --------------- 王・・・準備は良いか? トリム・・・はい、お待ちかねの時がきました。 ---------------- ウルミル将軍の元にソルヒ(スベクヒャン)が来た。 ソルランはソルヒが多量の毒を飲んだこと、現在も悪夢と頭痛に悩まされていることを伝える。

Next

韓国ドラマ《帝王の娘 スベクヒャン》キャスト・あらすじ紹介!放送予定は?

ヘチャピヨンの屋敷を監視させました。 サドが来て、近いうちに会おうという伝言を言った。 お許しなしに目を合わせてはならないのは存じています。 ソルヒ(スベクヒャン)・・・まだダメです。 王・・・ヘチャピヨンが王女を? ソルヒ(スベクヒャン)・・・はい 王様 それで ふと不審に思いました。 チンム公はソルヒ(スベクヒャン)に言った。

Next

「帝王の娘 スベクヒャン」第51

ソルヒ(スベクヒャン)・・・すべては事実なの。 余の思い違いか?太子はお前を大切に思っていると思っていたと話します。 一方、ミョンノンも様々な事情を知り…。 エサを撒いてそれに引っかかるのを見ようというものだった。 そして、ソルヒ(スベクヒャン)もソルランをみつけた。

Next

帝王の娘スベクヒャン:43話〜45話あらすじ

亡くなって初めて王様を父上と呼べたチンム公。 王妃は倒れた。 だから王様に訊ねてみましょう。 スタッフ [ ]. 王女は激しい気質ですから利用するのは簡単でした。 王が王妃にヘチャピヨンのことを詫び、部屋を出た。 両親とも姉さんの方を愛していて悲しかったと言うソルヒに、父さんはあんたをかばって刀で切られて死んだことを忘れたのかと言うソルラン。 噂がソルランにも聞こえてきた。

Next