ホンダ リコール nbox。 「N

NBOXで雨漏りでのリコールを解説

参考URL: インスパイア 続いて紹介するのは、ホンダが1989年から2012年にかけて製造及び販売を手がけていたミドルサイズセダンのインスパイアです。 安全システム「ホンダセンシング」に、渋滞追従機能付ACC、パーキングセンサーシステムを採用• 加えて、「電子制御パーキングブレーキ」を標準装備して停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保ち、アクセルを踏むと自動解除で再発進できるオートブレーキホールド機能を採用。 145万円~215万円 ホンダ新型N-BOXの価格は、安全装備がアップデートされますが、大幅な変更はないとみられています。 風切り音の発生源となる部分は、フロントガラス上部とルーフ部分の間にある5mm程の隙間ですが、この部分にホームセンターなどで販売されている外径が6mm~7mm程の ウレタン製チューブなどを埋め込み、 隙間を 塞ぐことによって風切り音を大幅に抑える事が可能です。 改善措置として、全車両、ヒューズボックスを対策品と交換する。

Next

ホンダ・N

そもそもEPBの採用はACC(追従クルーズコントール)の作動範囲を渋滞での停止時まで広げるためでした。 リコールというのは国土交通省では次にように定義しています。 CR-Vの歴史は非常に長く、初代CR-Vの登場は約25年前にも遡ります。 しかし、時代の流れによってアコードのボディサイズが拡大したため、それに伴いインスパイアもボディサイズを拡大。 実際の事例として最も多い場所は 両側の スライドドア周辺から雨漏りが発生する事が多く、同様に 両側フロントドアからの雨漏りも 多く発生しています。

Next

ホンダ・N

該当車両は86,567台(フィットシャトル以外の該当車両を含む)。 もちろん3代目フィットは初代フィットや2代目フィットから正統進化を遂げた魅力的なコンパクトカーです。 衝突事故などによってエアバッグが展開した時にインフレータ容器と呼ばれる部品が破損する恐れがあります。 ・ 記載しております文字数値はサンプルです。 当初、原因が不明な段階ではリコールにはならないという話もあったようですが、最終的にリコールになったということは、このトラブルが保安基準に抵触する不具合であるということを示しています。

Next

NBOXで雨漏りでのリコールを解説

また、2017年に販売が開始された 新型モデルは初代モデルからのキープコンセプトでフルモデルチェンジが行われましたが、こちらの車両については先代モデルの様なフロントガラス上部とルーフ部分の間にある隙間を極力抑えた設計となっており、先代モデルの様に 大きな風切り音が発生する問題は 大きく改善されています。 そんなCR-Vのリコールについて独自調査を進めたところ、過去5年間のリコール回数は6回でした。 しかし、 それ以降に製造された車両や2017年にフルモデルチェンジを行った2代目新型NBOXについては設計変更などが行われたため、雨漏りに対しての不具合は発生しておらず初代NBOX初期型に於ける固有の初期不良であると言えます。 出典: 一次減速機構付無段変速機の油圧制御プログラムが不適切なため、変速レバーを前進又は後退位置へ操作後、すばやいアクセル操作を行うと、無段変速機のドライブプーリーシャフトに高い負荷が加わることがあります。 スポンサーリンク NBOXのフロントガラスの風切り音 現行モデルは対策が行われている? 2011年に販売が開始されたNBOXですが、初代モデルで2015年にマイナーチェンジを行う前まで車両については、大きな風切り音が発生してしまうフロントガラスモールを使用していますが、それ以降の マイナーチェンジ後の モデルについては風切り音が 発生しづらい構造の ガラスモールに 変更されているため、最初期モデルよりも問題の発生は抑えられています。 過去5年間で発生した直近のリコールは2018年1月のもので、2代目フィットをはじめとする11車種の大規模リコールです。

Next

「N

参考URL: インサイト 続いて紹介するのは、ホンダがトヨタ・プリウスに対抗して製造及び販売を手がけたハイブリッドカーのインサイトです。 現在販売されているCR-Vは発売して間もないため、リコール回数の大半は4代目以前のモデルとなっています。 初代フィットや2代目フィットは非常に優れた能力が備わったコンパクトカーで、3代目フィットほどリコールを頻発していませんでした。 NBOXのフロントガラスの風切り音 まとめ 今回は、NBOXのフロントガラス付近に於ける異音について、ユーザーの実際の声や原因と対策方法を中心に、NBOXのフロントガラス風切り音ついて解説してきましたが、 風切り音への 不満は 多数の ユーザーが実際に 感じており、多くのユーザーの 悩みであることが分かります。 フィットやインサイトと比べるとリコールの回数自体は少ないようです。

Next

ホンダ、N

「スプリングパッケージ」というのはドラムブレーキの中でブレーキシューを動かすのに使っているスプリングのことですが、その設計に不具合があったため、EPB作動時にモーター負荷が大きくなり、ここでもエラーが出ることでパーキングブレーキが作動しなくなるおそれがあるというものです。 今回は2015年以前のリコール情報は調査していないため、実際のリコール回数はフィットアリアと同様、さらに多い可能性もあります。 今回ピックアップしたホンダ車の中では多くもなく少なくもなくといった感じですが、 1年に1回以上リコールが発生している事を考えると、一般的にはリコールが頻発しているといってもいいでしょう 過去5年間で発生したフリードの直近のリコールは2018年9月のもので、初代フリードが該当車両となっています。 こちらも同じようにホンダのリコール情報サイトをもとに、異なる年式やモデルの車両も別カウントしています。 新車の場合はディーラーからハガキやメール、電話にて連絡を受ける場合が多く、中古車の場合は連絡は来ませんので自分でネット等でチェックする必要があります。

Next